まだまだ弱い。

かつんが宇宙一強いのに、私は—―。 @101nytk @101_koki

自担がブラホックを外した件についてのログと考察

自担がブラホックを外した。

 

 

 

 

 

 

 

どうもこんにちは、むに。です。

あなたの自担はブラホックを外したことがあるでしょうか。手越担は帰ってください(過激派)(嘘です)

私の自担は10/07(日)午後10時21分頃、ブラホックを外している姿を全国放送で公開されました。

これはそのログ及び考察です。

 

■お品書き

 

 

1.任命

ブラホックを外すのには手先が器用なほうがいいという理由から「シューイチ見てまして、DIYとか中丸くんやってるんですよ」と徳井さんから名を呼ばれ、少し前屈みになり姿勢を正しつつも、いざ任命される直前予め任命されることを知っていたかのように「分かりました」の"わ"の口をして、さらに抑えきれない笑みを浮かべる中丸くん。

要約すれば「ブラホック外して」「分かりました」なのに、中丸くんが答えるだけで妙に真面目な話のように聞こえる。

人畜無害そうな見た目をしていながらブラホックを外す競技に参加することをさも人の常であるように答える姿、本当にブレない中丸雄一像だと思う。中丸くんはムッツリなので(ムッツリなのです)、実は変態みたいなアピールがすごく似合う。

 

 

2.余裕

先攻のNOTインテリ・好楽さんの記録【6個】について、上田さんから「6個はイケる(抜ける)だろう」と言われ即答で「まぁそうっすね6個はイケますね、はい」とジャケットを整えながら答える男。

仮に(というか絶対)ブラホックを外したことがあるとしても"速く外す"競技としては初挑戦であるから、自身がブラホックを外す速度が速いと確実に言えるわけでなく好楽さんのように手こずり6個すら外せない可能性があるにも関わらず、自信満々に「6個はイケる」≒「6個以上は外せる」と答えるのは、やはり予め任命されることが分かっていて練習ないしシミュレーションを積んできていたとしたら滾るし、過去の経験等からブラ(ホック)の構造を理解し素早い外し方を予想した上での発言だとしたら雄みが強すぎる。

 

 

3.戦闘モード

黒のブラジャーのみを身に付けた10体のオンナのマネキンを睨み付けるように歩み寄る中丸雄一。f:id:yui162_hyphen:20181018184110j:image

目付きが完全に仲間を傷付けられたルフィの敵に対するそれと同じである。明らかな殺気を感じる。もしも彼にも覇気が使えたならきっとその目だけでブラホックを外せただろう。

一部に伝わればいいワンピースジョークはさておき、このときの彼の表情、雄で一番すぎて軽く昇天する。あまりにも鋭い眼孔をしているのでこの人はこれから何を倒しにいくのかと思った。ブラホックを外しにいく前の顔ではない。

 

 

4.戦法説明

「ただ、あの有田さんが、そのやり方で、人差し指を入れてるっておっしゃったじゃないですか」

スタート位置に着くや否や、NOTインテリ・好楽さんへのアドバイスとして有田さんから語られた外し方アドバイスを受け、チャンピオンである有田さんへのダメ出し及び自身が考える戦法を淡々と説明しはじめる。

「1‥1,2,3じゃなくて、1,2でいきます」f:id:yui162_hyphen:20181018184135j:imagef:id:yui162_hyphen:20181018184153j:image

一般的な彼への印象は"真面目で好青年"でありブラホック外しとは全く関係のないところに存在しそうであるのに、ブラホックの効率的な外し方をニヤけたりすることなく至って普通の顔で説明するのは、ブラホックを前にしても"真面目"と表現すべきか、あるいは上田さんの言葉をお借りして実はブラジャーに詳しい"雄"と表現すべきか、非常に悩ましいところである。


f:id:yui162_hyphen:20181018184213j:image

それに、上田さんに「君、さてはブラジャー詳しいだろ」と言われ「いやいやいや」と否定しつつ思わず笑みがこぼれるが、この笑みは自分の番が来て立ち上がってから戦法を説明し終わるまでの間"無意識に雄が出てしまっていた"ことをはたと思い出し、普段の自身のキャラクター(人畜無害そうであるとか、真面目であるとか)とかけ離れていることに気付いた照れや、「ブラジャーに詳しいと思われた」という羞恥からくるものだと思う。

それまで鋭かった目も泳ぎぎみで下を向いており、これからブラホックを外す男の束の間の童貞感ともいえる動揺した反応はそそられるものがある。

 

 

5.ブラホック外し:1周目

1,2体目はついさきほど自身が話した「1,2」で手首のスナップのみを使って外し、3体目になると要領をつかみほぼ「1」動作で外しはじめたのが分かる。

また、既に会場は彼のブラホック外しのスピードに驚いているが"反応などどうでもいい"とでも言いたげに雄々しく口を開け舌を出す様は非常に官能的である。

しかし4体目に手をかけたところで会場の反応に気付き思わず笑うのはずるい。

f:id:yui162_hyphen:20181018184304j:image
さらにNOTインテリ・好楽さんの記録である6体目を抜き8,9体目でそろそろ1周目を終えようとしている辺りからは、彼の表情に「楽しい」の感情が見えている。

これは、自身の外しかたが効率的であることに満足し、後日シューイチで語っていた「金具を外す作業だと思って」ひたすらブラホックを外す、彼が最も得意とするであろう単純作業をやるのがとにかく「楽しい」のである。

しかしその「楽しい」中にも彼には"記録"を考える余裕があり、ただ金具を外す作業を楽しみながらも1体1体着実に外していっていると推察できる。

 

 

6.ブラホック外し:2周目

1周目、最後の1体を外した瞬間くるっと踵を返しものすごい速さで1体目に戻る。このときの彼にはぜひ集中線を贈りたい。

しかしその速さは一瞬で無駄となる。ブラホックを着け直すスタッフが2体目の前に待ち構えていたのだ。

とにかく個数を稼ぎたい彼はなかなか着けられないスタッフに焦りを感じ軽く跳びながら急かす。しかしこれはまだ序章であった。

3体目からどんどんとブラホックを外していき、7体目はちょうど今着け直されたばかりのブラホックを秒で外してしまう。何回戦スる気なのか。スタッフさんもブラホックを猛スピードで外しにくる男から逃げるように次のマネキンへと移動しているのが分かる。

スタッフさんの気持ちが分かるよ(cv.ペンペン校長)。怖い。

 

 

7.ブラホック外し:3周目

2周目をとんでもないスピードで外し終えくるりとこちらへ向くときの首を見てください。えろいです。

しれっとスタッフさんが増員され、ほぼ10体同時にブラホックを着け直すスタッフ陣に「早く早く早く早く!」と走りながら催促する彼はどう考えても怖い。

どうせ着けても着けてもまたすぐに外されてしまうのだから、私だったら着けたくなくなる。

しかし容赦なく次々とブラホックを外してゆき、またもや5体目でブラホック着け直し中のスタッフさんを挑戦者が待つという状況が発生してしまう。大きく跳びながら「早く早く早く早く!!」と大きな声で急かされ、緊張と焦りからどうもうまく着けられない女性スタッフさんがとても可哀想である。f:id:yui162_hyphen:20181018184336j:image

そんな女性を"仕事が遅い女"というような目(DFE)で見下し、諦めて5体目をとばし6体目を外しにいこうかと動く背の高い男はもはや犯罪者である。本当に怖い。

5体目をやっと外しいざ6体目にいこうとしたときには、またもや邪魔をする"仕事が遅い女"に今度は"こんなやつ急かしても一緒だ"と見限って「外し待ち」をし、その後も猛スピードで外していく。

そして3周目最後の1体、あなたは気づいただろうか。

彼はノールックでブラホックを外している。厳密には、ブラホック位置を確認し手をかけたらもう目線は1体目にゆき、結果としてノールックでブラホックを外しているのだ。

挑戦前は目だけでブラホックが外せそうだったが、実際は見なくともブラホックが外れてしまうようである。怖すぎる。

1周目は楽しんでいたのに、2周目3周目と進むごとに彼の脳裏からはもう「楽しい」が消え、ただただ記録のためだけに外していくのが人間味が無く機械的であり中丸力が非常に強いといえる。すきです。そういうところ。

 

 

8.ブラホック外し:4周目~最後

3周目、外し待ちをしながらもなんとか外し終え4周目にいこうかというときに事件は起きた。

中丸雄一は、手を叩き突然笑い出した


f:id:yui162_hyphen:20181018184404j:image

外し待ちが必要なほども速い自分があまりにも可笑しかったのだろう。気持ち悪さが半端ない。もちろん誉めてる。

しかし油断したのか5体目で手が滑り、一瞬スピードが落ちてしまう。薄ら笑いを浮かべているのが本当に本当に気持ち悪い。すき。

4周目は着け直しスタッフ=邪魔するものもおらず余裕で10体外し終え、まさかの5周目に突入し3体外したところで終了を知らせるゴングは鳴った。

勝利を確信している彼はその瞬間「ッオケーイ!」とガッツポーズを見せるが、このときの表情が雄でイケ散らかしていてずるい

 

 

9.記録発表

記録が発表される前、余裕の表情なのか照れているのか頭をかく姿が"いつもの中丸くん"に近い気がする。

そして驚異の【43個】という数を聞いて「あざます、ありがとうございます」と軽くガッツポーズし、スタオベする会場にやっと我に返ったみたいに照れ笑いするのはギャップの塊である。

スタッフさんが間に合っていなかったということから、「50個くらいはいってた」のではと言われ、「ッそっすねぇ~」と肯定していそうなしかめ面でジャケットのボタンをいじいじするのがかわいい。

さらにくりぃむしちゅーさんから「新しい風だよ、ブラホック界に」「君をジャニーズのドンファンと呼ぼう」と絶賛され、「ぃぁありがとうございます」と何度も頷き極度の猫背で席へ戻っていく姿が本当にかわいい!この人はさっきまで43体分ものブラホックを驚異のスピードで外していたというのに、その雰囲気を微塵も感じさせないほどに"いつもの中丸くん"に戻っている。

かと思えばインテリチームにポイントが入ったという声を聞いて今度はダブルガッツポーズをして、また男を感じさせてくる

すごい。怖い。ギャップというべきか裏表というべきかロールキャベツ男子というべきか、真面目で好青年な彼💓と思って安易に近寄ったら一瞬にして喰われそのまま捨てられてしまいそうな危うさがある。もしかしたら喰われることなくブラホックだけノールックで外されそのままどこかへ消えてしまうのかもしれない。そしてまた誰か知らないオンナのブラホックを外して、、、。

怖い。次ライヴ行ったらブラホック外されそう。怖い。でも外してほしいから行きます。ちゃんと黒のブラジャー着けてくので外してください。なんなら今日も明日も黒なのでテレパシーで外してください。

 

 

 

 

 

 

というわけで自担がブラホックを外したログと考察でした。

サンキューブラホック、、、、、、、、、、、、、、、、、。

サンキュー日テレ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

サンキュー中西、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

サンキューマサキッス、、、、、、、、、、、、、、、、、。

サンキューユウイチ、、、、、、、、、、、、、、、、、、。