まだまだ弱い。

かつんが宇宙一強いのに、私は—―。 @yui162_yk @yui162_koki

KOKIライヴのオキテQ&A ~2nd~

 

そうだ、KOKIの全国ツアーに行こう!

 

──KOKIライヴ未経験のすべての人に送る、「KOKIライヴのオキテQ&A ~2nd~」

 

 

 

■目次

 

 

 

■はじめに

2018年2月からKOKI名義初の全国ツアー「Easter TOUR 2019」が開催されます。

これを機に、まだKOKIライヴに行ったことのないかた、あるいは最近KOKIが気になってるかた、ライヴで見て興味を持ってくださったかたにお近くのライヴハウスへ足をお運びいただきたい!そんな思いから、以前投稿したQ&Aから、文字通りKOKIライヴに焦点を当てる形で解説します。

KOKIライヴどころかライヴハウスも初めてだよ」というかたはぜひこちらもお読みください。

yui162-hyphen.hatenablog.com

 

ひとりでも多くKOKIの全国ツアー「Easter」にきてくださるかた、そしてKOKIの音楽、ライヴを好きになりまた来てくださるかたが増えれば嬉しいです。

 

 

■基礎編~KOKI全国ツアーに行ってみよう

1.全国ツアーっていつどこでやってるの?

「全国ツアーの話を聞いたから私も行ってみたいけれど、近くでもやってるのかな‥」というかたはぜひ下記をチェックください。

ameblo.jp

f:id:yui162_hyphen:20181216201652j:image

 

 

2.どうやったら全国ツアーへ行けるの?

まずはチケットを手に入れましょう。

残念ながら先行分は終了しているので、一般発売にてチケットを購入します。

下記ブログ(聖くん本人ブログ)に各公演の購入リンクが貼ってあるので行けそうなところのチケットをゲットだぜ!

ameblo.jp

 

なお、「今の段階では予定が分からない‥」という場合も、公演によっては当日券が出る可能性があるので最後まで諦めずに!

当日券については聖くんのツイートまたはブログをチェックしてください。

twitter.com

 

 

■事前準備編~KOKI BANDを知ろう

3.KOKIの曲ってどんなのがあるの?

今現在、全部で13曲のオリジナル曲と1曲のカバーアレンジ曲があります。

内7曲はSound Cloudという無料アプリで聴くことができ、これまでシングルCDが4枚(各1曲)出ています。4枚のシングルについてはライヴの物販またはあとで紹介するKOKI official goods STOREにて購入することができます。

さらに1月23日にはソロ名義初のフルアルバム(12曲収録)が発売されました!!

ameblo.jp

アルバムについては物販だけでなくタワレコHMVAmazonなどでも購入でき、さらにiTunesレコチョクなど音楽配信もあります!iTunesでは試聴も可能なのでぜひ聴いて、そして買ってください。

 

タワレコでは初回特典にフォトカード12種類からランダムで封入されています。またリリースイベントも開催中!

tower.jp

 

KOKI LIVEは音楽を聴いていなくても楽しませてくれるライヴですが、事前に聴いておけばもっと楽しめること間違いなし!

以下、簡単に全14曲の紹介をします。

※( )内のSCはSound Cloud、Sはシングル、Aはアルバムを意味します。

 

1.The Canvas (Aのみ収録)

 聖くんの力強い歌声が爽やかなサウンドとノリのいい曲調にぴったりとはまって気持ちがいい曲。ライヴでは聖くんに手をぐっと伸ばすとさらに気持ちがいい!

 「裏切らなきゃ 夢も見捨てないだろう 気付いた 遅すぎる事なんかない 僕にはこれしかないから」聖くんが音楽を、ステージを諦めず戻ってきてくれたこと。

 「誰のせいでもなく 今はひとりで」あんなに自分を責めていた聖くんが誰のせいでもないと書いてくれたこと。

 本当の意味でここから復活していく決意が詰まってて、それが聖くんの強い強い歌声に表れてるなあと心から思います。

2.RAPGAME (SC有,S,A収録)

 KOKIの代表曲だと個人的に思ってる曲。なんとなんと「JだOだKだEだR」もある。

 ライヴではサビの「ラップをするなら全身全霊」から握り拳を高く掲げましょう!聖くんも「手をあげてみよう」と言ってくれるので簡単です。フロア全体に拳のあがる景色は何とも言えないくらいにかっこいい!

 拳を高く掲げたあとは聖くんの煽りに合わせて全力でウォイ!ウォイ!と拳を突き上げると楽しい。あとは繰り返しで拳掲げ、拳突き上げ!

 そして「そろそろ本気出すぜ‥」のあとの高速ラップがめちゃかっこいいです。

3.JUMP (SC有,S,A収録)

 サビでめちゃくちゃJUMPする曲。聖くんが「跳べ!」「JUMP!JUMP!」と煽ってくれるので、ひたすら手をあげて跳びまくりましょう!

 みんな大好き「マスメディア」も歌詞にあります。

4.Turn it up (SC有,Aのみ収録)

 聖くんのシャウトがかっこよすぎる、ノリのいい曲。

 サビで手を大きく振ります。INKTの「Shangri-la」、KAT-TUNの「Will Be All Right」をイメージしてもらうといいかも。これも聖くんが一緒に手を振ってくれるので真似しましょう。

5.Thriller Party (SC有,Aのみ収録)

 サビの「スリー⤵️ラー⤴️!スリー⤵️ラー⤴️パー⤴️リー⤵️!」に合わせてマイケルジャクソンのようにスリラーします!これは最強に馬鹿になれるので楽しいです!

6.ヒトリースタイルダンジョン (SC有,S,A収録)

 サビで手を上下にバウンドさせるようにあげましょう。聖くんの流暢なラップが堪能できるめちゃくちゃノリのいい曲です。

7.W.T.F. (SC有,Aのみ収録)

 サビで、聖くんの「What's the FUCK」に続いて「オッ⤴️オー⤵️オー⤴️オッオー⤵️オッオッ⤴️オー⤴️オッ」と歌うのが楽しい!

8.F.O.M.O. (Aのみ収録)

 初めの「ウォ⤴️オッ⤵️オッオー」を一緒に歌います。

 タイトルや歌詞にも含まれる「Fear Of Missing Out.」は直訳すると「逃してしまう恐れ」。解釈が合っているか分かりませんが‥、過去の聖くんは周りから見逃され取り残されることへの不安を持っていたけれど、今の聖くんはそういう不安を捨ててただ上を目指す希望的な曲なのかな。

 とにかくかっこよくて聖くんにぴったりでアガる曲です!

9.雨津々 (Aのみ収録)

 唯一のバラードです。ソロ名義初ワンマンにて初披露。

 聖くんの優しくて強い声をしっとりと聴くことができます。ワンマンでは、青の照明を浴びる聖くんがとてもとても美しかった。

 「あと少し 側にいてくれないか? 夢でもいい」を聴くたびに、「夢なんかじゃなくずっとずっとずっと側にいるよ!!」って思う。

10.ウタヲウタオウ (Aのみ収録)

 初っ端、「Try,Try,Try」に合わせて手を振ったり「ウォッ⤴️ウ⤵️ウォッ⤴️ウ⤵️オー⤴️!」と両手を突き上げたりするのがとっても楽しい。

 サビでは横モッシュがあり、両腕を万歳して左から跳びます。腕を交互に上げ下げするとアホっぽくて楽しい!

 サビのあとは「ラッ⤴️ラー⤵️ラーララー⤴️」と聖くんと一緒にウタヲウタオウ!

 ちなみにこれはサークル曲でもあると思ってるのでツアーではぜひサークルをしてほしいところ‥。前奏のスピード感のあるところで回ったら100%楽しいと思う!

11.Go way (Aのみ収録)

 スピードガンガン曲。サビでとにかくタオルを振り回すと楽しい!!なのでぜひタオルを買ってぶん回しましょう。タオルを万が一忘れたとしても拳を回すのも楽しいです。

12.Easter (Aのみ収録)

 タイトル通り、生まれ変わったKOKIの復活を祝う曲。歌詞もよく聴いてほしい。

 音に合わせて手を上げたり、後半の聖くんの「ウォーイ!!」というシャウトに合わせて折り畳みぽい感じで頭を振ったり手を突き上げるのが楽しい‥。

 あと終盤の「My Easter.」という囁き声がかっこよすぎるのでそれも聴いてください。

13.HIP HOP DREAM (SC有,Sのみ収録)

 とてもノリがよく、「Hey!Hey!!」「Ho-!」「Yeah!」「Booo!」など合いの手もありで楽しい。

 あとNTTのGIRLSと同じ、「知ったかぶり?ってくだらんノリって気付きなさいな」という歌詞があります。

 残念ながら今回アルバムには入っていないのでシングルCDを買ってください!

14.ピンクスパイダー cover arrange ver (未音源化)

 hideさん(ex.X JAPAN)の「ピンクスパイダー」をカバーアレンジして歌っています。

 私は原曲を知らなかったんですけど、ぜひYouTubeとかで原曲を予習してから聖くんのピンスパも聴いてほしい!サビで拳を振り回すとめちゃくちゃ楽しいです。

 

一部はTikTokInstagramにライヴ映像があるので見てみてください💓

 

 

4.KOKIってソロなの?バンドなの?

KOKIは名義としてはソロですが、熱い仲間たちと一緒にバンド体制で活動しています。その名もKOKI BAND

都合によりその時々で変わりますがよくついてくれる&ついてくれたことのあるサポートメンバーと、楽曲制作に携わる仲間も簡単にご紹介させてください。(私もまだまだ勉強中なので私が知っている範囲です‥)

 ※敬称略※

Guitar

・大内慶(おおうち けい)

 通称けいくん。INKTのメンバーとして共に夢を追い活動してきた大切なギタリスト!チョコが大好きな万年ダイエッター。

・YOUSAY(ゆうせい)

 通称ゆせくん。RAPGAME、W.T.F.の編曲、雨津々、Go wayの作編曲に携わる。ギターを弾けばかっこいいけれど、反面喋るとぽわぽわしていてかわいいところも!

・Yussan/ゆっさん-Pulse Factory

 The Canvas、F.O.M.O.、ウタヲウタオウの作編曲に携わる。大阪代表Pulse Factoryのギタリスト。ギターを弾いても喋っててもなにしても笑顔がソーキュート。

・優樹/Masaki(まさき)ーPulse Factory

 大阪代表Pulse Factoryのコーラス&ギタリスト。明るいいじられ役だけどギターを弾く姿はかっこよすぎる。

他にも……

・RENO(れの)

・内藤眞太郎/SIN(ないとうしんたろう/しん)

など

 

Base

・勝利/Katsutoshi(かつとし)-Pulse Factory

通称師匠。The Canvas、F.O.M.O.、ウタヲウタオウのベースを務める。大阪代表Pulse Factoryのベーシスト。マイクを持つたび話すことがかわいい。

・KYOYA(きょうや)-THE MUSMUS

11月から、コキコキのメンバーとして加わってくれたTHE MUSMUSのKYOYAさん!ベースと思えないぐらいバチバチに熱く弾いてくれる。

 

Drums

・峻洋/TakaHiro(たかひろ)-7 DAYS PAPARAZZI

通称たかぴ。めちゃくちゃお洒落なナナパパのドラマー。喋ればお茶目なたかぴもいざドラムを前にするとめちゃくちゃ熱くなる!

他にも……

・SASSY-Draco Virgo

 INKTのメンバーとして共に夢を追い活動してきた優しいドラマー。復帰ライヴにも来てくれて「音楽は気合だ!」と言ってくれたさしママ!

・真矢(しんや)

 The Canvas、F.O.M.O.、ウタヲウタオウのドラムを務める。

・yu-ki.(ゆーき)

など

 

アルバム楽曲制作には他にもお二人が協力してくれています。

・SHINGOMAN(サウンドクリエイター)

 Thriller Partyの編曲、Easterの作編曲に携わる。

・Dhalsim(DJ)

 EasterのDJ(スクラッチ)を務める。

 

ちなみに‥‥聖くん発案で、KOKI BAND+スタッフさん+KOKIファンをteam KOKIと呼んだりもします。ひとつのチームだから支え合い、共に盛り上がろうという聖くんらしい考え💓

さあ、あなたもぜひteam KOKIの一員に!

 

 

■ライヴの楽しみ方編~いざKOKIライヴ!

5.グッズってなにがあるの?

定番はTシャツ(大きめサイズが多い)とタオルで、他にもラバーバンドパスケース(チケットケース)などがあり、今は「タナカード(ネーミング激ダサ)」

というB5サイズのランダムカード(全60種)があります。

Tシャツやタオル、ラババン等を身に付けてライヴに参戦するのはもちろん、タナカードを買ってteam KOKIで交換しあったりできます!

なお全国ツアーで新たに出ているグッズはこちら!

f:id:yui162_hyphen:20190210163838j:image

 

グッズの購入はライヴ当日の物販か、もしくはさきほどもちらっと書きましたが公式通販サイトもあります。

kokiofficialgoods.stores.jp

最新のグッズに加えて、一部売り切れを除き過去のライヴグッズも販売されており、4枚のCDシングルも常時販売されています!

 

★購入にはSTORES.jpの会員登録がおすすめです★

会員登録をしなくても購入できますが、STORES.jpの会員になると発送先やクレジットカード等支払方法の登録だけでなく、購入グッズの確認やグッズのお気に入り登録などもできるようになります。

さらに「KOKIofficialgoods STORE」をフォローすると、新着グッズの通知を受け取ることもできるのでぜひ会員登録&フォローをお願いします!

 

 

6.守らなければいけないことは?

ツアーのチケットも手に入れて、KOKIの曲もKOKI BANDのことも予習して、グッズを身に付けたらあとはライヴを楽しむだけ!

聖くんはよく「ルールなんてないから好きなように楽しめばいい」と言います。

もちろん、私もその通りだと思ってます!ロックバンドに慣れてる人はヘドバンにモッシュに暴れまくるもよし、V系に慣れてる人は咲いても折り畳んでもよし、初めてで不安な人は後ろでしみじみ感じるもよし。

 

とはいえ、初めての人が多くなるライヴはどうしてもマナー違反が目立つもの‥。

どう楽しむかのルールは無いけれど、みんなが楽しめるように最低限のマナーは守るべきものだと思ってます。

・バラードやMC中に叫ぶのはNG。KOKI BANDの音楽を聴こう。

・基本的にライヴハウス内は撮影禁止。許可が無ければ撮影しない。

モッシュ以外で前後左右の人を押さない。

・無理な割り込み、荷物を床に置いての場所取りはしない。

 

来た人みんなが「また来たい」と思えるように。自分だけが楽しいのではなく、みんなが楽しくなるように。

KOKI BANDの音楽を全力で支えるつもりで。

いつも来る人、久しぶりに来た人、そして初めて来た人にとってKOKIライヴが、嫌な思い出ではなく楽しい思い出になるように、よろしくお願いします!

 

 

 

■さいごに

前回のQ&Aからあまり代わり映えの無い内容ですみません🙏

なにかひとつでも身になったり、「行ってみたい」と思ってくだされば幸いです。その際には前回のQ&Aと併せてお読みいただければもっと幸いです。

そして!「KOKI LIVEに来てほしい!」欲が強まりすぎた結果、聖くんのライヴ・イベント・リリースなどなどの情報をお知らせするTwitterアカウントまでつくってしまいましたので、よろしければフォローください💓

twitter.com

 

ではでは北海道から沖縄までやりすぎなくらい地方都市巡礼「Easter TOUR 2019」、ぜひご来場ください!!

KOKIが君を待ってるぜ!!!(#>ω<)