まだまだ弱い。

かつんが宇宙一強いのに、私は—―。 @101nytk @101_koki

ジャニオタ向け!KOKIライヴのオキテQ&A

KOKIライヴに行きたい‥

でもライヴハウスなんて行ったことない!

ライヴハウスってなんだか怖い!

でもやっぱりKOKIを見にいきたい~~!!

 

──そんなライヴハウス未経験のジャニオタに送る、「KOKIライヴのオキテQ&A」

 

 

 

■目次

 

 

 

■はじめに

KOKIライヴに行きたいけれどライヴハウスに行ったことがなく不安。ライヴハウスとは無縁の私も行っていいの?」というような趣旨のお悩みがマシマロに届いたので、なんだかんだまだ片手ほどしかライヴハウスでのライヴを経験していない私=生粋のジャニオタがそんなお悩みを、Q&A形式で解決していきたいと思います!

これを読んでぜひぜひ一度でもKOKIのライヴに足を運ぶかたが増えれば嬉しいです。

 

 

■基礎編~KOKIライヴに行ってみよう

1.KOKIライヴっていつどこでやってるの?

「なんだか元気そうにやってる噂は聞くし私も行ってみたいけれど、いつどこでやってるかわからないよ‥」というかたはぜひ下記をチェックください。

twitter.com

ameblo.jp

 

FC開設を心待ちにしていますがまだ無いので、KOKI本人発信のライヴ情報のみが頼りです。彼の固定ツイートでは最新ライヴ情報のまとめを随時更新してくれているので、気にして見てみるとよいでしょう。

 

また、「どうせ東京や大阪ばかりでしょう?」と嘆いているそこのあなた!!

そんなことはありません。ソロ復帰後、北は北海道、南は今のところ福岡まで飛んでいます。特に「◯◯(地元)にも来て!」と願っているあなたは、実はもうすでに来ていたりもするので要チェックです。

フッ軽なジャニオタのみんなはちょっとでも近くでライヴがあるとわかったらぜひ当日でも当日券があることが多いので諦めないで!!!

 

 

2.どうやったらKOKIライヴへ行けるの?

まずはチケットを手に入れましょう。基本的に応募や購入は各チケットサイトで行います。復帰後は下記の2サイトが多いです。

イープラス

Yahoo!チケット

こちらのサイトでKOKI」をアーティスト登録しておけば、最新のライヴ情報をメールで確認することもできます。なお地域設定もできるので、地元や近場の都道府県を登録しておくとよいでしょう。

またはライヴ情報が掲載されているツイートやブログ記事にチケット購入のリンクも貼付されているのでそこから購入しましょう。

 

チケットは「抽選」もしくは「先着」の2種類で応募・購入することができ、「抽選」の場合はジャニーズと同じように応募→抽選→当落発表の流れになっています。「先着」の場合は早い者勝ちなので、サイトで申込が完了した時点で整理番号が付番され、支払が完了するともうチケットはあなたのものです!やったー!

支払方法はクレジット決済・銀行振込・コンビニ支払があり、手数料が別途かかります。

チケットの媒体はイープラスの場合は紙チケットか電子チケットかを選択でき、Yahoo!チケットの場合は紙チケットになります。私の場合はそうだったんですが変わってたらゴメン☆()

紙チケットの場合は自宅郵送・コンビニ受取が選べます。もちろんこれも送料や手数料は別途かかります。

 

またチケットには主に前売券である「先行発売(一次、二次等)分」「一般発売分」「当日券」があります。(その他ライヴによってはバンド予約等ありますが説明を省きます)

前売券は先行発売→一般発売の順に申込期間が分かれており、前売券で捌けきらなかった場合には当日ライヴハウスにて当日券を購入することも可能です。

また、入場順も先行分→一般分→当日分の順番となります。「KOKIを近くで見たい!暴れたい!」というかたはぜひぜひはじめの先行発売の段階でチケットを手に入れておきましょう!

 

 

3.ライヴハウスって実際のところ怖いの?

「ライヴ情報もチケットの買い方も分かった‥でもライヴハウスって行ったことが無いから怖い‥」なんてお悩みのみなさん。

私も初めてのときは全く同じことを思ってました。だからこそごまかしは一切無しで、私が初めて行ったときに感じたことや何度か行ってみて感じていることを正直に伝えますね。

 

その1.治安が悪そうな裏路地にありがち

いきなりごめんね!!!もちろんすべてのライヴハウスがそうなわけでは無いし実際に治安が悪いかどうかは知りません!でもそんな雰囲気がある‥ような気がしてしまう。

既にソールドアウトしているワンマンライヴがある柏PALOOZAや、絶賛チケット発売中の誕生日ライヴがある梅田Zeelaはそんな感じのところにあります。

いや田舎者なので都会はどこもかしこも治安が悪そうに見えるんです本当に悪しからず、、、。

(9/17追記:用事ついでに梅田Zeelaに下見に行ってきましたが、都会の真ん中にある感じで治安の悪さは感じませんでした!そしてとても綺麗!初めてでも入りやすい雰囲気かもしれません😌)

 

その2.治安が悪そうな人がいがち

ほんとうにごめんね!!!もちろんほとんどの人がそんなことはないし一部のそう見える人たちも実際に治安が悪いかどうかは知りません!でもそんな雰囲気がある‥ような気がしてしまう。

といってもわざわざ絡んできたり睨んできたりとかする田舎のヤンキーみたいなやつは居ないし、同じKOKIライヴを楽しむ強いお姉さんたちなので一緒に楽しみましょう!!

 

こんな感じで完全に貶してる気がするけれど、いうても私は未だにこの2つが慣れません。いつもビクビクしてる(チキン)

でも結論を言うと、怖そうだけど実際全然怖くないです。そんなことなどライヴの楽しさですべて忘れる。大事なのは立地や客層じゃなくてライヴを楽しむ心さ!(説得力の欠如)

 

 

 

■事前準備編~KOKIライヴに行く前に

4.服装や髪型などはどうしたらいい?

服装や髪型などで最も気を付けなければいけないのは、「自分も周りの人も怪我をしないようにする」こと。次に、「自分も周りの人も快適に思う存分楽しめるようにする」こと。このふたつさえ守ればだいたいどんな格好でも問題ないと思われます。

ここではまずNGとされるものを挙げたあと私の定番スタイルを紹介します。

 

●NGとされる服装・髪型など

・ロングスカート(ガウチョやワンピースを含む) →踏まれて転ぶ危険性

・トゲトゲした装飾のついたもの →当たって怪我をさせる危険性

・ヒールのある靴 →踏んで怪我をさせる危険性

・大きなピアスなど →引っかかって千切れる危険性

・ポニーテール →跳ねたり頭を振るときに周りの人に髪の束が当たる危険性

・盛り髪や高い位置でのお団子など →後ろの人の視界を妨げる

・長い爪、鋭い爪、ガタガタした爪 →当たって怪我をさせたり爪が折れる危険性

 

これらを踏まえた私の定番スタイル

髪が肩を越える長さなので低い位置でひとつくくり。束ねられなかったり、肩につく程度の微妙な長さのときはそのままにします。

夏でも冬でも半袖のグッズTシャツにスキニーパンツです。足元は、春~秋はスニーカー、冬はヒールのないブーツです。

・装飾品つけたいマンなので小ぶりのイヤリングKOKI×VANQUISHコラボのネックレスやブレスレットをつけます。

 

髪を束ねるか束ねないかのボーダーラインは、髪を束ねられるほどの長さがあり、かつ頭を振る人は必ず低い位置で束ねるようにしましょう。頭を振らない場合でもKOKIライヴでは左右に飛び跳ねる横モッシュがあるので、束ねたほうが自分も存分に楽しめて周りにも迷惑をかけません。なお束ねる位置が上になるほど髪の束が跳ねやすくなるので低めで束ねてください。

また、個人的には冬でも半袖がおすすめです。どんなライヴでも盛り上がると熱気ですごく暑くなりますが、ライヴハウスの熱気はおそらく想像の倍以上です。以前柏PALOOZAでKOKIの復帰ライヴがあったとき、季節は真冬の12月31日でしたが終わったあと半袖でホテルまで帰れるほどに暑くなりました。

足元については飛び跳ねたりしやすく誰かの足を踏んでも怪我をさせないヒールの無いものであればスニーカーでもブーツでもよいです。素足の見えるサンダル等は逆に踏まれたときに危ないので避けた方がよいです。

 

 

5.荷物は何を持っていけばいいの?

Zeppなどの大きなライヴハウスを除き、ライヴハウスでのライヴはオールスタンディングで席は一切ありません

そのため足元に荷物を置くことはタブーとされており、完全に手ぶら状態で行くか、飛び跳ねても大丈夫なように体に密着するタイプのボディバッグか小さなポシェットがおすすめです。

私は財布付ポシェットを使っており、中には

・お金(ドリンク代やロッカー代のために1,000円札を崩しておく)

・チケット(電子であれば携帯)

・携帯

・モバイルバッテリー

・ヘアゴ

・その他 (眼鏡拭き、眼鏡ストラップ、口紅、車の鍵、ICOCAや免許証・クレカ等貴重品)

が入っています。グッズのフェイスタオルはポシェットにくくりつけるか首から下げます。

 

比較的大きな荷物を持っていても、ライヴハウス備え付けのロッカーやクローク(渡されたポリ袋に入れて預ける)があれば300~500円程度で利用できますが、数に限りがあり、また大変混みあうので私は利用していません。

とはいっても現地まで小さなポシェットのみで行くことはできないので、現地まではリュックにポシェットと傘や化粧ポーチなどライヴ以外で必要なものを入れ、ライヴハウス最寄り駅のロッカーにポシェット以外の荷物や上着等邪魔になるものをすべて預けます。遠征の場合はホテルに置いていきます。

 

 

■開演前の過ごし方編~初めてのライヴハウス

6.何時頃ライヴハウスに行けばいいの?

まず物販に関して、開場前の先行物販がある場合とない場合があります。

先行物販がある場合は、だいたい開場時間の1時間前に開始されるのでさらにその30分ほど前からライヴハウス付近に列をつくります。

グッズ購入後は開場まで時間があり、居座ると周辺住民へのご迷惑になるため一度ライヴハウスから離れます。この間に夕飯を済ませたり、ライヴハウスにロッカーが無い場合などには駅のロッカーに大きな荷物を預けるなどしておくとよいです。

 

なお先行物販がなく開場後に物販が開始される場合は、先行物販と同じように開場時間の30分ほど前から列をつくることができます。(ライヴハウスによっては開場時間ギリギリまで列をつくれない場合もあるので、詳しいこき担やライヴハウスのかたに問い合わせておくとよいです。または開場時間までは並ばないとか‥)

 

今度のワンマンやツーマンは物販についての詳細がまだ出ていないと思うので詳細が出れば列をつくれる時間も違ってきますが、今のところワンマンは17時頃、ツーマンは18時頃にライヴハウス付近を確認して列ができていれば並ぶとよいでしょう。

 

 

7.物販ってなにがあるの?

まずKOKIが出演するライヴはKOKI本人がグッズの手売りを行うこともあります!もちろんKOKIが物販に立つのはタイミングによりけりなので、ツイートを要チェックです。

またこのときKOKIに話しかけることもできるのでいろんなことを聞いたり伝えたりしちゃいましょう!もちろん誹謗中傷はいけないぞ!

場合によっては直接もしくはマネージャーの草場さん経由でファンレターを渡すこともできるので詳細を要チェックです。あるいは物販でファンレターを渡せるか確認しましょう。

 

KOKIのグッズに関してなんですが、お恥ずかしいことに直近で今年の6月に行ったきりなので今なにがあるか正確には把握できておらず‥分かる範囲でご紹介します。

f:id:yui162_hyphen:20180908210647j:plain
f:id:yui162_hyphen:20180908210656j:plain
f:id:yui162_hyphen:20180908210708j:plain

f:id:yui162_hyphen:20180908210728j:plain
このランダムフォトカードはこき担のお友達をつくるきっかけにもなるのでおすすめですー!というか私が早く手に入れたくてウズウズしてる‥。 

 

※9/20追記※

kokiofficialgoods.stores.jp

「KOKIofficialgoods STORE」ができました!!

上記グッズ(フォトカードは除く)に加え、4枚のシングルCDや過去のライヴグッズも一部販売されているのでぜひぜひライヴ前またはライヴにどうしてもなかなか行けそうにないかたも手にいれてみてください!KOKIに課金しよう!

また、購入にはSTORES.jpの会員登録がおすすめです!会員登録なしでも購入できますが、STORES.jpの会員になると発送先やクレジットカード等支払方法の登録だけでなく、購入グッズの確認やグッズのお気に入り登録などもできるようになります。

さらに「KOKIofficialgoods STORE」をフォローすると、新着グッズの通知を受け取ることもできるのでぜひぜひ会員登録・フォローをお願いします!(STORES.jpさん、KOKIofficialgoods STOREの回し者ではございません。こきちゃんの回し者です。)

 

 

8.どんな感じで入場するの?

ライヴハウスへの入場は整理番号順になります。番号の若い人から順に呼ばれてひとりずつまたは数人ずつ中に入ることができます。

ライヴハウスによってさまざまですが、整理番号の桁ごとに列をつくる場所が細かく分かれている場合番号関係なく1~2列で並ぶ場合と2種類あります。

列をつくる場所が分れている場合はライヴハウス前に場所を示した貼り紙がしてあり、その通りに並びます。場所が分かれていない場合は、すでに列ができているところの最後尾に並びます。(柏PALOOZAは後者、梅田Zeelaは知りません)

 

番号を呼ばれたら、番号が合っているか目視チェックがありさらに進むとチケットもぎりがあります。紙チケットなら半券を返され、電子チケットなら入場済の処理をされます。

このときにドリンク代が必要になるので予めお金を用意しておくとスムーズです。だいたい500~600円なので1,000円札を崩しておくとよいです。ドリンク代と引き換えにドリンクチケットが渡されます。

このドリンクチケットはライヴハウスにはつきもので、中でジュースやお酒1杯と交換することができ、追加料金を払えば何杯でも飲むことができます。このためライヴハウス内への飲み物の持参は禁止されている場合が多いです。

 

また、ワンマンの場合を除きチケットもぎりの際には「お目当てが誰か」を聞かれます。バンドごとの動員数を見てギャラを決める目的がある?らしいので、KOKIのためにぜひ「KOKIです!」と答えましょう!!!

 

 

9.ライヴハウスの中ってどんな感じ?

ライヴハウスは通称“箱”と呼ばれるだけあって、ほんとにもうザ・箱です。

あくまでKOKIがライヴをしてきたライヴハウスの話になりますが、場所によっては階段を上がったり下りたりした先に教室ぐらいの広さの部屋があります。

その部屋の中か外にドリンクカウンターや物販スペースがあり、先述のとおりドリンクを交換したり物販でグッズを購入したりできます。

 

入場できたからといって前から順番に詰めずとも、下手側真ん中上手側、ステージから近くても遠くても、無理に人を掻き分けない限りどこでもすきな位置で大丈夫です。

ステージに対して真反対側が主に傍観する人が多く、あとで説明しますが前へ行くほど頭を振ったりモッシュやサークル等のロックバンド特有?のスタイルで音楽にノる人が増えていきます。

なので、「初めてだしどんなノり方をすればいいかわからない」「暴れる体力がない」というかたはなるべく後ろか一番後ろへ、「周りの人を見て同じノり方をしたい」「暴れてみたい」というかたは真ん中かすこし前へ詰めるといいでしょう。

最前は、テンションがあがったKOKIがステージ目の前にある柵に両足を乗せることがあるのでそれを支える覚悟と体力や、思い切り全身で盛り上がる自信がある人にしかおすすめできません。もちろん一番近くでKOKIを見ることができますが、その分最前付近の人はKOKIの音楽すべてを支える役目があります。

 

ちなみに私は入場したらまず一番に(先行物販が無い場合は先にグッズを購入してから)、やや上手側のできるだけ前の方へ詰めます。(ド真ん中よりやや上手もしくは下手側のほうがKOKIがよく見えることとギターの音が好きなため)

稀にドリンクも先に交換してしまうことがありますが、とにかく前の方へいきたいので帰りの時間に余裕がある場合はライヴが終わってからドリンクを交換するようにしています。

 

 

 

■ライヴの楽しみ方編~いざKOKIライヴ!

10.どんな風に楽しめばいいの?

おそらく一番気になるところかな(^o^)

さきほども書いたように、KOKIバンドはロックバンドなのでロックバンド特有の楽しみ方があります。もちろん絶対ではないけれども郷に入っては郷に従え、前の方であれば特に周りの人と同じように楽しんだほうが絶対にもっと楽しくなります

 

KOKIライヴはジャニーズ現場と違いうちわはもちろんペンラも無いので、己の拳と体のみが武器です!といっても他のロックバンドよりはまだまだ緩く初めてでも十分真似できるぐらいの簡単なものが多いので、ぜひ覚えて臨んでください~。

・手を上げる

まずはド定番、拳や掌を上げる。曲に合わせてリズムを取るようなイメージでひたすら手を上げます。これが基本形というか大体常に手をあげます。

・クラップ

日本語でいうと手拍子ですね。曲に合わせて額ぐらいの高さで手拍子するとより盛り上がります。

・横モッシュ

多分KOKIが「左に跳べ!右に跳べ!」とかそんなようなことを教えてくれるので、指示に従って、両手を上げて左右に飛び跳ねます。

ヘッドバンギング

これは知ってるかたも多いのではないでしょうか。曲に合わせて頭を振る行為です。

縦、8の字等ありますが、どれもかなり脳に負荷がかかるので体調や頭と相談しながら振ってください。運動不足な私はちょっと振るだけでぶっ倒れそうになります()

・サークル

これもKOKIが「輪をつくって回れ!」とか教えてくれるので指示に従って輪をつくり、左回りにぐるぐる回ります。これは全員参加ではなく回りたいひとだけでいいので、回ってみたいと思ったら輪をつくる段階で迷わず輪に入りましょう。回り始めてから入るのは大変危険なのでやめてください。

 

具体的にはKOKIのTikTokKnock Out Kashiwa IdiotのInstagramに動画があがってるのでチェックしてみてください!

 

11.知っておくべきことは?

まずひとつめに複数のバンドが出演するライヴでは、バンドとバンドの間にかなりの時間が空きます。多分体感10分くらい‥?

バンドの楽器を設置したり音出しの時間になります。ひたすら待つことになるので、ぼっち参戦の場合は耐えましょう!

ちなみにバンド登場の合図は待機中にかかっているBGMの音量が大きくなるので、拍手等で迎えましょう。

 

あとこれは私が無知すぎただけだと思うんですが、KOKIは最後のほうの出番が多くKOKI主催であれば最後の出番になります。対バン相手が先に登場して演奏していくので、気があれば対バン相手についてもすこし予習していくとより楽しめるかもしれません。もちろん全く知らなくても楽しませてくれます!

 

次にライヴ中の場所移動に関して、迷惑をかけない範囲であれば移動も大丈夫です。

特にサークルに参加した場合は元の位置に戻ることができないことも多いので、周りの人の動きに身を任せましょう。

また中には、複数のバンドが出演するライヴではお目当てのバンドのときだけそのファンが最前にいて、出番が終われば元の位置に戻るという文化もあります。最前に移動してくる人はだいたい次の出演バンドのグッズを身に着けているので前へ通してあげましょう。

 

 

12.KOKIの曲ってどんなのがあるの?

これまた6月のノックアウト以降行けてないので新しい曲に関しては曲名しかわからなかったり曲名すらわからなかったりするんですが‥。

・HIP HOP DREAM

 「知ったかぶり?ってくだらんノリって気付きなさいな」って歌詞があります。これはNTTのGIRLSとほぼ一緒で泣く‥。

・JUMP

 めっちゃJUMPする曲!歌詞に「マスメディア」入ってます。

・RAPGAME

 「JだOだKだEだR」があります!サビで手を上げると気持ちいい!

 「そろそろ本気出すぜ‥」からの高速ラップがめちゃかっこいいです。

・Thriler Party

 これは本当にめちゃくちゃに楽しい曲。サビで「スリー⤵️ラー⤴️!スリー⤵️ラー⤴️パー⤴️リー⤵️!」に合わせてスリラーするのが本当にげろ楽しいです。

・turn it up

 サビで手振りがある!INKTの曲を知ってるかたは「Shangri-la」みたいな感じで手を振れるので楽しいです‥。

・ヒトリースタイルダンジョン

 これは手を曲に合わせて動かすのが楽しいです。

・W.T.F.

 「What's the FUCK」の略なので嫌いなわけがないです。オッ⤴️オー⤵️オー⤴️オッオー⤵️オッオッ⤴️オー⤴️オッが楽しい!

・Go way (だと思う)

 タオルを振り回す系だった気がします。

イースター

・ウタヲウタオウ

 KOKITikTokにライヴ映像があがってるので要チェック!

・死亡率100%の人生-Pulse Factory×KOKI

  これはツーマンの対バン相手 Pulse Factoryの楽曲で、以前KOKIとコラボした際にKOKIのラップが入ってさらにかっこよくなったバージョンです。パルスの原曲はこちら

 ツーマンでコラボバージョン歌ってくれるかなと期待してるのと、普通にパルスのこの曲がめちゃ楽しいのでおすすめ!!

 

他にも新曲がいくつもあるそうなのでぜひ楽しみに!

上記の「HIP HOP DREAM」「JUMP」「RAPGAME」「ヒトリースタイルダンジョン」の4曲はCDになっていて、多分物販でもまだ出てる?と思うのでぜひ買ってください(;o;)

また、「HIP HOP DREAM」~「W.T.F」までの7曲は「SoundCloud」というアプリに音源があがっているので予習してからだと本当に楽しめると思いますしぜひKOKIの曲を聴いてください!!

 

 

■さいごに

簡単ですがこんな感じで‥。本当に私もまだまだKOKIライヴには足を運べていなくてド素人なんですけど、KOKIライヴはKOKIバンドのメンバーも対バン相手もみんな最高でKOKIはもっと最高で本当に超楽しいので、ぜひ楽しみにしてください!

絶対に後悔させないしきっとまた行きたくなるし、初めは試しにでもなんでもいいので1回KOKIライヴへ足を運んでください。

今のKOKIを見にきてください。

以上こーきのモンペでした。