まだまだ弱い。

かつんが宇宙一強いのに、私は—―。 @101nytk @101_koki

HiHi JetのYes!がやばいという話がしたかったのだが。

 

まさかまた沼落ちブログを書くことになろうとは思わなかった。

 

まあとりあえずこれを見てくれ。


Yes! HiHi Jet

 

 

 

どうも、むに。です。見て、くれましたか?

どうでした??やばくないっすか??やばいですよねやばいです

 

 

FF外(当初)からの熱烈ダイマに負け、うえすとに落ちてから早8ヶ月。また同じ人からのダイマに負けてしまった。彼女をダイマ星人と呼ぼうと思う。

 

 

遡ること7ヶ月前、今年4月の出来事から説明していこう。

のちに私をうえすと沼に落とした彼女をフォローしてすぐ、彼女のツイートに「東京B少年」の文字を見ることが多くなった。彼女はしばらくしてアカウントを分けたが、友人の別垢であれば、と私は軽率にフォローしてしまった。

今思えばそもそもこれが間違いだったのかもしれない。

私はまもなく、彼女の自担の佐藤龍我くんが気になるようになった。

彼女はステマ能力に長け、東京B少年とHiHi JetがMステに初出演する際には何度も宣伝ツイートを流しており、友人の好きなグループならば、と録画した。その数ヵ月後再びHiHi B少年がMステに出演する際には彼女は自身の名前を「本日Mステ!KINGハイB出るよ!」に変えていた。もはや誰なのか分からないが私はまた録画した。

でもこのときは全然興味なかったんです。ほんとだよ。

ましてやHiHi Jetはほとんど見ていなかった。誰がいるのか、何人グループなのかすらよく知らないほどだった。

 

 

問題が起こったのはそれから数日後のことだった。

HiHi B少年で初の写真集が出るのだという。もちろんこの情報は彼女のツイートから知ったものだった。彼女は何度も何度も宣伝ツイートをしていて、TLをビヤーッってするときに幾度も紛れる「HiHi B少年」「写真集」「完全予約受注生産」の文字はさながらサブリミナル効果みたいなものだったと思う。

私は日に日に気になり、「あとで(買えなくなってから)後悔するかもしれない」とまんまとその写真集『GARAXY BOX』を予約注文してしまった。

二つ目の間違いだった。

 

 

『GARAXY BOX』略してギャラボが届くほんの数日前の10月末、私は彼女のお題箱に冗談のつもりで「東京B少年のダイマはまだですか?」と送った。

三つ目の間違いである。

私は彼女に「東京B少年は本当にハマらない」と伝えたが、彼女は「あなたはハイハイの方が好きだからハイBのダイマにシフトチェンジしようかな」などと言い出した。

この一言だけで私はきっとすでにハイハイ先輩が気になりはじめていたと思う。

「曲でハマれないと(そのグループにハマることは)むりです」と伝えたらすかさず『HiHi JET』と『Yes!』を勧めてきて、しかも前者は「JETでDOするLIFEなうのやつ」というプチ情報付きだった。気になるように仕向ける天才である。

言われるがままYoutubeで検索してしまったのがいけなかった。

『HiHi JET』の時点で「確かに好きかも」と思った私は試しに『Yes!』も見てしまった。

念のためもう一度見てほしい。


Yes! HiHi Jet

 

 

 

 

 

好きに決まってんじゃん。

妖艶な雰囲気を醸し出す照明、腰で揺れる無駄な布、官能的な歌詞。

 

涼くんの「ゾクゾクで支配したい」にもうヤられたし、猪狩くんの「ヴァイブレーション」の低音まじでしんどいがり。子宮に響きました。

 

「『どうされたいか教えてよ』」

 

そんなもんムチャクチャにされたいに決まってる。

 

しかも

 

「もうねダメ、ガマンできない」

 

いや待て、涼くんは年下‥なんならハイハイ先輩全員年下‥‥。

でも‥!でもあの腰‥!かつん担が嫌いなはずがない!!!

そんな‥あなたたちどこで覚えてきたの‥‥‥。

 

からの

 

「(全てに)口づけたい」

 

はぁ‥‥‥‥逝きました‥うん‥むり‥‥‥。えっ涼くん色気はんぱないよね?!?!

「口づけたい」の「たい」があかんすぎる‥。

あかん‥あかんと思う‥‥。そういうのあかんと思う‥‥‥。

 

 

完全にこれは好きなやつだと確信した。

 

ちょうど『Yes!』を見た次の日にはギャラボが届き、元々は東京B少年のほうが気になってなんとなく買ったはずなのに、HiHi Jetが映るページのほうをよく見た。涼くんがすこぶるかっこよかった。

 

でも私には迷いがあった。いや今もまだ迷ってる。

 

応援の仕方が分からないからだ。うえすとと違って今度はJr.で、CDもDVDも無いしYoutubeやTV以外で彼らの音楽を楽しむ手段がない。

Youtubeで楽しむにしてもそもそも彼らのオリジナル曲が少なすぎる。

でも好きなのは確実だった。

私にダイマしてきた彼女だけでなく他のフォロワーさんからも「素直にハイハイには落ちたほうがいい」と言われ、自分でも落ちてしまったんだろうなと半ば諦めるように思っていた。

 

 

 

気がつけば私は「ジャニーズジュニア情報局」で検索をかけて会員登録の手続きを進めていて、ペイジー入金を済ませ「登録完了」のメールを受け取っていた。

会費が激安なのがいけないしペイジーに対応しているのがいけない。

 

情報局に入ったあとも、そして今も、まだ悩んでるし担当にはまだできないけれど、それでも『Yes!』は定期的に見るし少クラもハイハイ先輩を探してしまうのは事実で。

 

Jr.を応援するのはほとんど初めてだからどうしたらいいのか分からないけれど、一応いつかのためにこんなブログをしたためた次第である。

 

 

珍しく「誰かに読んでほしい」「誰かに届けたい」とかそんな思いのない本当にただの備忘録てきなものだけれど、以上で今月の更新といたします。ありがとうございました。(急に真面目)

 

最後に。

 

HiHi JetのYes!は

いいぞ!!!!!!!!!

 

~完~