まだまだ弱い。

ジャニーズ美味しい @yui162_kwj

重岡担になりました。

どうも、むに。です。6月はわたしの新しい自担、重岡大毅さんについて!

 

■はじめに

2017年3月4日、わたしがうえすとに落ちてから早3ヵ月が経ちました。早い。時の流れが早すぎて怖い。

うえすとについて語った4月の記事中で、「自担を決めたい」と葛藤していたことはご存知でしょうか。(以下参照)

 ジャニーズWESTを語る。 - まだまだ弱い。

 

このとき神山智洋さんと藤井流星さんと濵田崇裕さん(全員メンカラが寒色系)の3人が自担候補としてあがっていたんですが、そんなわたしが、候補にあがっていなかった『重岡大毅さんの担当になること』を決めるまでのお話を書きたいと思います。

どうか、同担拒否でない重岡担さんやうえすと担さん、あわよくばかつん担さんもお付き合いください!

 

 

 

重岡大毅(しげおかだいき)

f:id:yui162_hyphen:20170521221227j:plain

・通称:シゲ、シゲちゃん

・生年月日:1992/08/26(24歳)

・出身地:大阪*1

・身長:173cm(Wikipediaより)

・血液型:A型

・チャームポイント:左上頬のエクボ(メンバーなどから「窪みやろ!」と言われているが本人的にはあくまでエクボ)

・主な出演作品:SHARK~2nd Season~、ごめんね青春!、溺れるナイフなど

・似ている芸能人:山崎育三郎、誠子(尼神インター)

 

ジャニーズWEST不動のセンター。西のオカダイキ*2

ふざけたりちょっかいを出すのが好き。照史曰く「かっこつけられない。ずっと笑ってる」そうだが、キメるときはばりばりキメている。

 

 

■シゲちゃんに対する第一印象

怒らないで聞いてほしいのだが、本当の本当の第一印象は「もう一人のシゲ」でした。

YJ世代のわたしとしてはシゲといえばNEWSの加藤シゲアキさんであり、オタクから「シゲ」と呼ばれているジャニタレがもう一人いるらしいことしか正直シゲちゃんについての知識はありませんでした。わたしがシゲちゃんを必ずちゃん付けで呼ぶのも、NEWSのシゲと区別するためです。

これはシゲちゃんに限らずほかのメンバーでもそうなんだけど、ジャニーズWESTにハマるまでは本当にメンバーのことよく知らなくて。(ばどはJr.の頃を知ってるからなんとなく知ってた)

 

うえすとにハマってからのシゲちゃんの第一印象は、重岡大毅(5)」です。

少クラ以外で動いているうえすとを見たのは『one chance』のMVメイキング*3が初めてなんですけど、なぜか彼らの撮影現場にはおもちゃがいろいろあって。

・おもちゃのゴキブリで淳太くんを脅かすシゲちゃん(カメラに向かってピース)

・ばどにビリビリペン仕掛けるシゲちゃん(明らかに犯人シゲちゃんなのに「俺じゃない」)

・おならふうせん(座るとおならの音がするアレ)を自分で膨らませて座って割ってしまうシゲちゃん(メンバーに「あ~あ」って言われる)

・そのふうせんを照史が膨らまそうとしたときにおならの音が鳴ったら、照史を指さしてカメラに「見ました?」って言うシゲちゃん

・魚釣りのおもちゃ(磁石で釣る回るアレ)で遊んで魚のパーツを壊すシゲちゃん

・照史が淳太くんの撮影をモニターで見てる最中に手のひらいっぱいにすくった魚を机の上にばらまいてびびらせるシゲちゃん

・そのまま照史にうざ絡みするシゲちゃん

こんな感じで書き出したらキリがないんですけど、終始5歳児でしかもクラッシャーだったんですよ。かわいい。

 

 

■シゲちゃんが気になり始める

「うえすとの5歳児」という印象が「かっこいい」に変わった瞬間。多分それはメンバーの画像を集めだしたときかな。

元々りゅせたんの顔面がすきすぎるのでりゅせたんの画像をうえすとで最初に保存してたんですけど、ほかのメンバーも集めようとしたときにシゲちゃんの顔面も普通に整ってることに気づいて。

わたしにとって自担にするための絶対条件に「ビジュアルがすきかどうか」があって(ただの面食い)、いくらそれ以外がよくても最終的にビジュアルが悪かったり好みでないと「すき」のモチベーションを維持できないんですよね。

余談なんだけど、小学校6年間ずっとすきだった同級生の男の子も坊主になって登校してきた日にすきじゃなくなったし、中丸くんもどんぐり時代はすきじゃないです。

 

中丸担の性なのかシゲちゃんが時折見せるDFE*4とめちゃくそかっこいいキメ顔もすきで、シゲちゃんの顔面の良さに気づいたときに自担候補に急浮上しました。

各Gで気になる人って大体メンカラが寒色系の人ばかりで先に書いた4月時点での自担候補もみんな寒色系だし、特にセンターにくる人は全然ピンとくるオタクではなかったのに、シゲちゃんは“顔がかっこいい”というだけでめちゃめちゃ気になっちゃって。

 

しかもシゲちゃんが気になり始めた頃に、Youtubeで映画『溺れるナイフ』の、シゲちゃん演じる大友のキッスシーンを見ちゃったんですよ。(見てない人は見て)

これを読んでいるあなたの「あ~‥(笑)」っていう納得の声、聞こえてますよ。

 

大友っていうか重岡大毅さんしんどい。

本当にしんどい。えっあれ大友っていうか重岡大毅だよね??大友の殻を被った重岡大毅さんだよね????

顔面も最高にイケメてるのに、演技っていうかなんていうかもう最高にポイント爆上げでした。

大友によって重岡大毅さんのリア恋の部分に目覚めてしまって、リア恋要素のある画像をものすごい勢いで集め始めました。まだ全然集まってないからおすすめの画像があれば下記から送ってください!!!

あとこの間は冠番組『ナミノリ!ジェニー』の、大阪市内のごはん屋の神ナミノリさんを決める企画*5、ラーメン屋編で電話取材をしているときのシゲちゃんが完全にデキる男重岡大毅で本当に苦しかった。

 

顔はいいしリア恋だし、もうめちゃくちゃ自担にしてしまいたかったんですけど、メンカラが赤でセンターであることがどうしてもひっかかってしまったんですよね‥。

神ちゃんを自担に決めかねてたのもシゲちゃんと同じで今まで担当にしたことがないメンカラ(かつんに緑がいないから仕方がない)だからだし、逆にりゅせたんと濵ちゃんはメンカラが元担今担と同じ色だから自担候補に入ってるのとあまり相違なかった。

結構こんな風にメンカラに縛られるオタク、ほかにもいるんじゃなかろうか。メンカラ制度、各Gで比較したりすると面白いしすきなんだけどこういうときに困る。

 

 

■シゲちゃんを自担に決めた理由

だいぶシゲちゃんがキテたのとそろそろリアルに自担決めてしまいたいなーと思ってたから、Youtube(好きすぎ)でメンバーの名前を一人ずつ検索かけて、一番ビビっときた人に決めちゃおうと思ったんですよ。今だから言えることだけど、きっとシゲちゃんを担当に決めるためになにか正当な理由を見つけたかったのかもしれない。

 

わたしが最もひっかかっていた“メンカラの壁”と“センターの壁”をぶち破ったのはやっぱり大友の殻を被った重岡大毅さんだった‥‥!

違うんですよ!大友と見せかけてわたしが落ちたのは単なる重岡大毅さんだったんですよ!

これを見てください、絶対に落ちます。

www.youtube.com

 

はぁ‥改めて見てもしんどい‥しんどいofしんどい。苦しい。

重岡大毅さんむりすぎ。

これ大友じゃないですよね‥?完全に重岡大毅さんですよね‥?

いやシゲちゃんじゃなくとも男性はみんなこの状況に置かれたら同じ行動をとるのかもしれないけれど、でもこれを見た瞬間にズキャァーーーン!!!!!!!!!って稲妻が走ったんですよ。

完全に「落ちた」だった。なにかを好きになるとき、大抵はずっと気になっていたものを「好きになろう」と自分から決めてたんですけど(うえすとや中丸くんもそう)、シゲちゃんは考えよりも気持ちが先行した。

気付いたらもうすきだったパターン。KAT-TUNのときがそうだったんだけど、自分でもびっくりするぐらい「あっ、重岡担になったんだな」って、ほかのメンバーの動画を順に見たあとで気付いた。

 

だからシゲちゃんのことまだ全然よくしらないし、特に有力候補だった神ちゃんのこともまだ自担にしたい気持ちは残ってます。

(・°ρ°)半端なスキルで‥お笑いオタクやってんじゃねぇよ*6なオタクなので重岡担になったからには重岡担を全うする所存ですが、なんせメンカラが赤なのもセンターを担当するのも初めてなもので至らない点多々あると思います。いろいろ教えてください。

でもオタクの本能って怖いんだ。それまでメンバー全員を満遍なく見ていたのに、重岡担になってから見る映像全部シゲちゃんのことしか見られなくなってた。

不思議だね。自担って。(どんなまとめ方)

 

 

 

 

 

さて来月は、楽曲語りシリーズ第3弾(シリーズ化決定)としてうえすと曲を語りたいなと!思っています!

本当は今月書こうと思ってたんだけどシゲちゃんについて書きたくなったもんで延期です(^o^)

 来月もよろしくお願いします!

*1:大阪生まれ兵庫育ち。プロフィールに出身地を書く際、兵庫の「庫」が書けず大阪と書いたエピソードがある。かわいい。

*2:東はHay!Say!JUMPの有岡大貴さん

*3:最新アルバム『なうぇすと』初回盤収録

*4:DEAD FISH EYE=死んだ魚の目

*5:大阪市内のごはん屋を取材して最も旨い店を決める企画

*6:KAT-TUN 9作目のシングル『ONE DROP』MVメイキングにて、赤西仁による発言。